屋根塗装のイロハ教えます

このサイトでは屋根塗装をするときに押さえておくべきポイント、基本から応用までまるごと紹介してます。
見積もりと取るときのチェックすべきこと、優良業者の見分け方に訪問販売の塗装業者について、塗装を依頼するときに最適な時期も知っておくと失敗しなくてすみます。
どこに頼んでも同じように感じますが、実は業者によって金額などに差があって、時期についても適したころがあります。
なるべく費用を抑えたいときにも後からトラブルを防ぐためにも重要です。

屋根塗装はコレを押さえとけ!基本から応用までまるっと紹介

屋根塗装はコレを押さえとけ!基本から応用までまるっと紹介 屋根塗装を業者へ依頼するときには、基本的に天候が良くて問題なく進めても10日間前後はかかるので、約2週間前後は期間としてみておく必要があります。
雨が降ったり天候が悪いと期間も長引きますが、もし1週間以内で終わるようならその業者は疑った方がいいです。
工程を丁寧にすると最低でも1日間はかかることもあって、悪い業者だと工程を省いたり塗り替えの乾燥期間を短くしたりします。
乾燥をさせないで塗装をするところだと失敗に繋がるため、必ず優良な業者を選んで依頼することが大事です。
屋根塗装の相場は約30坪だと足場代も含めて40~80万円ですが、これも先に相場に関した色々な情報を得てから一社だけでなく複数社から、相見積もりをとって依頼するのがポイントです。

建造物の屋根塗装は住宅の寿命に影響するので必要性はかなりあります

建造物の屋根塗装は住宅の寿命に影響するので必要性はかなりあります 屋根塗装も外壁同様に、定期的に施工をすることが推奨される作業です。
長年にわたってメンテナンスをせずに放置している住宅も少なくはありませんが、屋根塗装は必要性が大きな施工なので少なくても6年程度の間隔で施工会社に依頼をすることがベストです。
必要性については屋根材による違いはありますが、瓦屋根でもスレート屋根もトタン屋根の場合でも新しい状態では表面に塗料が塗られています。
塗料には水はけを良くして撥水性を高められる効果というものがあり、長年手を付けていない住宅では雨水の対策不足に陥ってしまうのではないでしょうか。
いつまでも屋根の上に雨水が残ってしまうことで、小さな隙間から雨漏りの被害に発展することは多く、屋根材の下側の木材や断熱材など天井裏が腐食を起こしてしまうリスクがあります。
よって屋根塗装を定期的に施すことで、大規模な修繕は不要となり、リフォームの経費が大きく掛かってしまうことも無くなります。
古くなった住宅でも屋根塗装は確実に定期的に施工しておくと、家の寿命を長く保てる状態に仕上げられます。
酷い劣化を引き起こしてしまっていては、屋根塗装では修復不能となり、屋根の葺き替えで直す方法しか無くなる可能性も高いことも、定期的なメンテナンスの必要性は感じられるのではないでしょうか。

屋根塗装を良い状態に保つことが家の寿命を長くします

屋根は太陽光からの紫外線や台風、強烈な風雨などからダメージを守ることで住んでいる人の生活を守っています。しかし屋根塗装は年月が経つにつれて剥がれ落ち、定期的に塗り替えをする必要があります。塗装する時期にはタイミングがあり、費用や家全体のリフォームの時に施工しようとしてタイミングを逸すると家全体の寿命を縮めることになります。タイミングを知るには屋根材や屋根塗装がどんな状態かを知っておく必要があり屋根材にはスレートやトタン、瓦などがあり、スレートは15?15年、トタンは20年瓦は40年くらいの寿命があります。寿命がくれば塗装をする必要があり、屋根を全塗装すると高額な費用がかかります。全塗装と同じ時期に家の他の部分のリフォームをするとかなりの費用がかかるため、屋根の定期的に点検が費用を安くします。定期的にメンテナンスで不備のある部位のみを元の新しい状態に戻すことで、一度に広い範囲を加工することなく費用も安い対応ができます。

自宅の屋根塗装を実施するには金属系であれば短期間で済ませられます

持ち家を所有している方にとって、住宅の老朽化は見逃せません。何かしらの不具合を感じた際には、早期に点検や補修、場合によってはリフォームを行う方法で住宅を守ることができます。屋根塗装も住宅を守る上では重要な資材になり、金属製の屋根材であればより一層注意しなければなりません。現状として屋根材に使われる金属素材にはトタンやガルバリウム鋼板を使っていることが多く、どちらも腐食してしまうスピードが遅いことが特徴です。このタイプの屋根材の住宅においては、短くて5年、長くても8年程度の間隔で塗料の塗り無しをする方法で、長持ちをさせることは可能です。定期的なメンテナンスは必要になるものの、他の屋根資材と比較をすると下準備もしやすく、仕上げもしやすい環境にあるので屋根塗装に掛かる経費は大きな負担にならずに済ませられる可能性があります。瓦屋根や他の資材を採用している住宅においては、塗装後にしなければならない作業工程があったり、特殊塗装を必要とすることもあるので、意外と屋根塗装の料金は安く済ませられる範囲ではないでしょうか。

屋根塗装を依頼するには状態を把握することが必要です

戸建て住宅にお住いの方は、屋根塗装を定期的に行っている方が多く、住宅内に雨漏りが起きてしまうことを考えた場合、常に屋根は良好なコンディションを保つことが必要です。屋根塗装を行う前には、自らが状態を確認することで劣化状況を把握できるので、必ずチェックをする方法が効果的です。屋根に上がることができる住宅であれば問題はありませんが、大き目サイズの脚立があれば1階部分の屋根においては初心者でも簡単に上がれます。その後はコンディションを確認することが必須になり、屋根の塗料の艶が無くなっている場合や、完全に塗装が剥離していて屋根材の下地が見えている場合、屋根材の重ね合わせている部分に隙間を確認した際には、早急に屋根塗装を行う必要性があります。屋根の場合は意識的に点検をしないと普段は見えない位置にあることから、大切な住宅を雨漏り被害から守るには自主的な点検は欠かせません。住宅によっては自分では状態を点検できない場合もあり、このケースでは点検から見積もりまでを無料にしている塗装会社に依頼をすることで問題は解消できます。

屋根塗装などの塗装工事はそもそも何故必要なのかについて

屋根塗装の塗装工事は、その名の通り屋根を塗り替える工事の事です。そう考えると屋根塗装は、単なるペンキを塗るだけで見た目の外観を良くするだけが目的だと考える人もいるかもしれません。だけど屋根塗装の塗装工事は、単に外観を良くする以外に重要な目的があります。新築一戸建て住宅は、一年中雨風や太陽の紫外線や、日本独特の湿った空気にさらされます。新築を建てた時の塗装は、長年雨風や強烈な紫外線や湿った空気にさらされる続けると、次第に塗装が剥げたり劣化していき、一般的に10年も経つと塗装が劣化します。塗装は外見を綺麗に見せる目的以外に、もっと大切な雨風や紫外線から建物を保護する目的があり、10年後に何もしなければ雨漏りやひび割れなど構造物や柱にもダメージを与えます。雨漏りやひび割れのダメージを放置してしまうと、建物自体の寿命を縮めたり耐震性を落として地震などの自然災害の被害のリスクを上げます。つまり屋根塗装の最も重要な目的は、建物の寿命を延ばす事です。

業者を使わず自力で屋根塗装を行うことはできるのか

屋根塗装を自力で行えば、お金がかかることがありません。金銭的な余裕がないという方は、自分で屋根塗装を行ったほうがお得に感じてしまうでしょう。
ただし、注意しなければいけない点もいくつかあるので把握しておくとよいです。まず、屋根塗装を行うためには、屋根に上らないといけません。
そのためには足場を用意する必要があります。素人が自分で足場を用意するのは大変になってくるので、専門の業者にお願いすることになります。この点でお金がかかってしまうでしょう。また、屋根に上るためには怪我に注意する必要があります。
気を抜くと下に落下してしまい怪我をしてしまうリスクがでてきます。ほかにも、自力で屋根塗装を行うためには屋根を洗浄したり、必要な塗料を用意する必要があります。塗料によっては、短期間で剥がれてしまうものも存在するなど、それぞれの特徴や耐久性も確認しておかないといけません。様々な点を考えても業者にお願いしたほうが安全です。

美観を維持するために色合いを決めてから屋根塗装を実施

建物の美観を維持するためには、定期的な屋根塗装が必要です。 事前に色合いを決めてから屋根塗装を実施すると、全体のバランスが整います。
屋根の勾配が急な住宅は、家の周囲だけでなく屋根にも足場を設置します。 足場を設置したら高圧洗浄を行って、苔やカビなどの汚れを取り除きます。
高圧洗浄が終わると、下塗り用の塗料を使って下地を整えます。 下塗りが完了したら中塗りの工程に進み、上塗りは中塗りと同じ塗料を使って塗膜に厚みを持たせます。
機能性塗料を使いたい場合は、塗装会社に相談すると適切な塗料で対応してくれます。 屋根の劣化状況や建物の環境によって工程が前後するケースもありますが、基本は3回塗りで完了します。
塗装後は工事の担当者が検査を行い、最終確認で問題がなければ施工完了です。 屋根塗装では現地調査の後に見積書を提出し、依頼者が納得してから契約を締結します。
見積もりは無料なので、初めての人でも気軽に依頼できます。

屋根塗装は悪質な業者に依頼しないために注意

悪質な業者に屋根塗装をお願いしないためにも、重要なポイントを確認しておきましょう、まず、屋根塗装をお願いするなら、十分な知識や技術を持っていることを確認しないといけません。
そのためにも、気になったことがあったときには躊躇することなく質問してみるとよいです。気になることを質問することで、本当に必要な技術や知識を身に着けているのか確認することができます。
質問に答えることができなかった場合、依頼するのはやめておいた方が賢明です。ほかにも、金銭的な部分により悪質かどうか判断することができます。びっくりするくらいの値段を提示された場合には、信頼することができない業者として注意したほうがよいです。
あまりにも高すぎる金額を請求されてしまうと、お金目的であると判断することができます。見積もりを取って納得することができなければ利用しない方がよいでしょう。断っても無理やり契約を摂ろうとする場合には注意が必要です。

屋根塗装は塗料と施工法の種類があるので施工会社選びは重要です

屋根塗装は戸建て住宅では欠かせない住宅のリフォームになり、通常は外壁塗装と同時に行うことが多い傾向にあります。
同時に行うことで足場の料金を1度にすることができるので、別々に依頼をするよりも金銭面ではメリットがあります。屋根塗装は雨漏りの被害を避けるためにも重要なリフォームになりますが、塗料の種類や施工会社による作業の違いなどがあるので、事前にネット上で調査を行うことが大切です。
塗料に関しては通常はウレタン塗料かそれ以上のランクになるシリコン塗料やフッ素塗料を採用する方法以外にも、機能性を持たせるには遮熱塗料などを採用する方法も効果的です。屋根塗装は刷毛やローラーを用いて手作業で行うことが多いのですが、エアガンを利用する吹き付け塗装に対応をしている施工会社もあります。
どちらの方法であっても使う塗料によって品質は同じになるものなので、この選択肢は施工会社に任せても問題はありません。ただし、屋根塗装の際には屋根材の隙間や継ぎ目など雨漏りの原因となる場所があります。この部分を徹底的に修繕したり、シーリングの打ち直しをしたりと何らかの下地調整を完璧に行う施工会社を探すことは必要です。

飛び込み営業で屋根塗装を勧めてくる業者は危険

屋根塗装は一般的に10年に1度塗り替えが必要だといわれていますが、その判断は思いの外難しいのではないでしょうか。飛び込みであっても屋根塗装を勧めてくる業者があると、プロの目から見て塗り替えのタイミングだと思ってしまうと思われます。
しかし飛び込み営業の業者は悪徳の可能性がないとはいえず、危険をはらんでいるので警戒が不可欠です。飛び込みで屋根塗装を強く勧める業者が現れた場合は、名刺を受け取り連絡先を隅々まで確認して、実在する会社かどうかネットで調べることをおすすめします。
また、検討してから連絡をするといって一度引き取ってもらい、名刺に記載の電話番号に繋がるか電話をかけてみるのもおすすめです。
注意が必要なのは、連絡先が個人の携帯電話か、固定電話の番号か確認することです。固定電話であれば安心ですが、050から始まるいわゆるIP電話は、比較的信頼性が乏しいので要注意です。
こちらから連絡するといっても引き下がらず、見積もり書もなしにいきなり契約を迫る業者は危険ですから、屋根塗装を任せる相手選びには細心の注意が欠かせないのではないでしょうか。

屋根塗装リフォーム工事の頻度の目安について

日差しを浴びたり、雨風の影響を受ける住宅は経時的な劣化が避けられませんが、屋根塗装はどれくらいの頻度で工事をするのが良いのでしょうか。
新築の場合は10年目が1つの目安とされていて、10年を迎える前に状態を確認したり、屋根塗装の必要性を判断することになります。10年目以降は少し早めに、8年目あたりで再び屋根塗装を検討するのが望ましいです。10年に1回、8年に1回が頻度の目安ですが、実際には周辺環境や、状態によって多少前後します。海が近くて潮風を受ける場所なら、目安より2年ほど早めに、屋根塗装の検討を始めることをおすすめします。海よりも山の方が近く、日照時間が短くて雨や風が穏やかな地域であれば、逆に検討開始のタイミングを遅らせても大丈夫だと思われます。条件次第ですが、15年や20年良好な状態を保てることもあるので、屋根の状態を見て、焦らずにリフォーム工事のタイミングを見極めることが大事ではないでしょうか。

屋根塗装を施工する際に選べるカバー工法での対応のメリット

戸建て住宅の場合は、定期的に屋根塗装を行っていることが多く、常に防水機能を発揮させておくことで雨漏りの被害から自宅を守ることが可能になります。
屋根材や塗っている塗料による違いはありますが、ウレタン塗料の場合では7年程度で塗り替えをすることが多く、フッ素やシリコンの場合は10年程度で塗り替えを行うことが良いタイミングです。屋根塗装のタイミングが来た際には、築年数が古くなり、屋根材も老朽化を起こしている場合、塗装ではなくカバー工法で対応する選択肢もあるので、施主側は自分で決めることもできますが施工会社に相談をする方法で判断する方法もあります。カバー工法の場合は瓦屋根以外で平らに近い屋根材であれば古い屋根材を撤去せずに新しい屋根を上に被せる方法になることから、余計な廃棄物が出ないメリット、以前よりも断熱性が高まるメリット、2重の屋根になることから防水性をアップできるメリットも感じることができるのではないでしょうか。

新しいスタイルの屋根塗装で理想のデザインを実現

屋根の劣化が目立つ場合は、早めに再塗装を行ってトラブルの発生を防ぎます。
屋根の表面に塗料を塗ると劣化を防ぎ、長く美観を保てます。 屋根は日々の気温や湿度の変化、紫外線などによって徐々に劣化します。 劣化が進むと、ひび割れや色褪せなどの症状を引き起こして水漏れの原因になります。 問題が発生する前に屋根の表面に保護膜を形成すれば、劣化の進行を抑えられます。 屋根塗装には様々な機能を持つ塗料が使われ、太陽光を反射して屋根の温度上昇を抑える塗料もあります。 断熱性能が高い塗料は熱の流出を防ぐため、室内温度を適切に保ちます。 必要な時期に塗装を施すと建物の美観を維持できるため、資産価値を守れます。 屋根塗装は省エネ効果が期待でき、ランニングコストも低く抑えられるというメリットもあります。
塗装を依頼すると最初に担当者が現在の状況を調査し、デザインなどの要望を踏まえて見積を出します。 見積書の内容を確認して契約を締結すると、足場を作って工事が始まります。

室温上昇を抑える遮熱塗料と屋根塗装のタイミング

屋根は太陽光を浴びると屋根に近い部屋は、夜になっても屋根から熱が放出されるため、室温が高い状態が続きます。
冷房に頼ることで光熱費が高くなるケースが多く、太陽光を反射する屋根塗装が室内の温度上昇を抑える手段として注目されています。塗装のタイミングは塗料の耐用年数以外にも、夏の猛暑日前に塗料を塗るなど、快適な生活空間を守るために行う事も大切です。猛暑が続く夏の室温上昇を防ぐことができれば、屋根塗装を行う事は光熱費の削減につながります。遮熱塗料は、塗料が太陽光を反射して屋根からの熱の放出を抑える事が期待でき、猛暑の夏に平均して2、3度ほど室内温度が下がります。夏に冷房を使う際に室温が1度下がると、約10%節電できるとされており、電気代の悩みが軽減され、エアコンを安心して使えるようになります。遮熱塗料は、一般的な塗料よりも長持ちするため、一度塗れば20年近く持つ場合もあったりと、メンテナンスがしやすい塗料です。

屋根塗装の工程で最も完璧な施工を行う際の一連の流れ

住宅を守る上では欠かせない屋根塗装になりますが、施工会社によって作業工程には違いが出ているものの、本当の意味で完璧な施工をするには、最初は高圧洗浄機を用いて屋根全体を洗い流します。
乾燥後には下地の確認を十分に行い、少しでも剥がれそうな古い塗膜があれば、金属製のスクレーパーで削り取る作業も必須です。もしも浮きや穴開きなどがあれば鈑金をしたりパテで修復する作業も行われており、この流れで下地を完璧に整えることを可能にします。次の作業は隙間の確認があり、塗料ではカバーできないような隙間があれば塗装可能なシーリング剤で隙間を埋める作業も必須です。その後は下塗り塗料を塗り広げて密着性を高めてから、中塗りから本塗りで仕上げることで屋根塗装は終わります。この工程を全て実施している施工会社であれば、選ぶ塗料の品質に違いもありますが次回までの耐久性をアップさせることができ、短期間で塗膜が剥離してしまうような雑な施工にはなりません。

もっと屋根塗装を知りたい

埼玉で屋根塗装しよう

新着情報

◎2023/6/15

情報を追加しました。


>屋根塗装リフォーム工事の頻度の目安について
>屋根塗装を施工する際に選べるカバー工法での対応のメリット
>新しいスタイルの屋根塗装で理想のデザインを実現
>室温上昇を抑える遮熱塗料と屋根塗装のタイミング
>屋根塗装の工程で最も完璧な施工を行う際の一連の流れ

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>業者を使わず自力で屋根塗装を行うことはできるのか
>美観を維持するために色合いを決めてから屋根塗装を実施
>屋根塗装は悪質な業者に依頼しないために注意
>屋根塗装は塗料と施工法の種類があるので施工会社選びは重要です
>飛び込み営業で屋根塗装を勧めてくる業者は危険

◎2021/2/12

下地を綺麗に整える作業が重要
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

依頼に最適な時期
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

訪問販売の業者は大丈夫?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 寿命」
に関連するツイート
Twitter

塗装工事や屋根工事後2~3年経ってから雨漏りしたというケースが後を絶ちません。工事が原因で雨漏りしているのです。家を守ろうとして、逆に家の寿命を短くしています。外装工事は雨仕舞を理解する者に委ねるべきです。

修理可能か、また故障を放置しても大勢に影響はないかによっても故障というか寿命に対する気持ちって変わるじゃないですか。以前ならことさらに論われてきたZEN塗装やミノルタのグリップ割れは「そのまま使える壊れ方」とも言えるので

返信先:塗装してみました!寿命は短いと思われます😅

返信先:宝の持ち腐れ…(小声) 板タブ長く使ってて、右手側の塗装剥げるまで使い込んでましたw流石に寿命で買い替えましたけど、たまに板タブ恋しくなるんでやっぱり板タブもいいものなんですよね…!

返信先:ドニントンでドゥーハンに後ろから追突されなければもう少しライダー寿命延びたのに…と思ってしまいますけどね😭それにしても3枚目ヘルメットのツヤ✨4枚目は無塗装なのにシュワンツ以外の何ものでもないと一目で判るのは凄いです👍RGVΓはフジミですか?